前へ
次へ

認定医が在籍している矯正歯科を選ぼう

歯並びをきれいにしたいので矯正を考えているけど、どこの矯正歯科を選べばいいのかわからないという方が多

more

矯正歯科に行かないと後悔するかもしれません

矯正歯科といえば、治療代金が高いというイメージがありますよね。クリニックにもよりますが、部分矯正でも

more

矯正歯科治療の費用相場は大体いくら位か

矯正歯科治療を受ける場合の費用相場は大体10~150万円程となっています。何故幅が大きいかというと、

more

矯正歯科に入院をするのはどんな時か

歯列矯正をする上で矯正歯科を受診する人は少なくありませんが、受診する患者の症状により外科手術が必要となる場合があります。患者の症状により外科手術が必要となる歯列矯正は、あごの骨から改善する場合です。外科矯正と呼ばれており、専門の設備が整っている矯正歯科へ入院し、外科手術を行います。入院期間は1週間から3週間ほどですが、その後体調が元に戻るまでに時間が必要となることも多いです。矯正歯科で入院が必要となるあごの骨の状態とは、一般的な歯列矯正では対応ができない状態のことで、下あごが前に突き出している受け口と呼ばれるものや、しゃくれ、ガミースマイルの人が対象となります。あごを閉じたときに上下の前歯が重なり合わず、舌が見えてしまっている開咬症なども対象です。それ以外にも顎が左右対称ではなく、どちらかだけが過剰に発達していたり、曲がっている状態の人を指します。矯正歯科で入院施設が整っているところは少ないため、入院施設のある医療機関を受診して症状を確認し、入院の手続きをすることになりますがその前にある程度歯並びを整えている人が大半です。ある程度歯並びをきれいにしないと手術した後でトラブルになることもあります。外科手術だけしか行わないわけではないため、矯正歯科を受診して入院・退院後にはある程度歯並びをきれいにできているのが特徴です。入院費用は高額療養費制度を利用することである程度割安となりますがそれでも手術費用は30万円前後で、入院費は1日当たり2万円から3万円と考えると高額となるため注意が必要となります。医療保険に加入しているなら医療保険を利用できるかどうか、事前に保険会社に相談してください。なお、矯正歯科では患者の症状が外科手術をするほどではないガミースマイルの場合、インプラントを使った歯列矯正をすることもあります。インプラントを使った歯列矯正の場合、入院は必要ありませんが全額自己負担となるため60万円から150万円ほどの費用が必要です。

軽貨物
様々なニーズに合わせてお運びいたします

Page Top